沖縄美容委員会とは?

沖縄美人をつくるヒミツは沖縄の天然素材にアリ!

TOP » 食事で体の中からきれいに » 沖縄料理のレシピ集 » ゴーヤーチャンプルーの美容効果と料理のレシピ

ゴーヤーチャンプルーの美容効果と料理のレシピ

苦瓜と呼ばれるほどの苦味が特徴のゴーヤー。ここではゴーヤーの美容効果や、ゴーヤーを使った料理のレシピを紹介します。

ゴーヤーの美容効果について

ビタミンCでシミ・しわになるメラニンを予防

ゴーヤーにはビタミンCが多く含まれており、その量はトマトの約5倍。このビタミンCが様々な美容効果をもたらしてくれます。ビタミンCは高い抗酸化作用を持ち、しわやたるみの原因となる活性酸素の働きを抑制。また、シミも予防してくれます。シミの原因となるメラニンは、チロシナーゼという酵素がアミノ酸の一種を変化させてできる色素です。ビタミンCはチロシナーゼの働きを抑制する効果があるので、結果としてメラニンを防ぎ、シミの発生を防いでくれるのです。それだけなく、すでにできてしまったシミを薄くすることもできます。

ビタミンCとビタミンEを一緒に摂って抗酸化作用アップ

そんな美容効果の高いビタミンCですが、実は加熱に弱く壊れやすいという欠点があります。しかし、ゴーヤーに含まれるビタミンCはほかの野菜と比べて壊れにくいため加熱しても問題ありません。また、ビタミンCはビタミンEと一緒に摂取することで抗酸化作用の効果が高まります。ビタミンEは植物油に含まれているので、ゴーヤーを使った料理を作る際は植物油で炒めてみると良いでしょう。

ベータカロテンで美肌をキープ

他にもゴーヤーには鉄分や食物繊維、カルシウムなど様々な成分が含まれています。その中の一つであるベータカロテンは、ビタミンCと同じく抗酸化作用を持つ成分です。体の中でビタミンAに変換されますが、ビタミンAは細胞を活性化させる働きを持っています。細胞が活性化することで新陳代謝が上がり、肌の潤いを維持。抗酸化作用と合わせて美肌を保ってくれる大切な成分です。

レシピ紹介

ゴーヤーチャンプルー

材料(2人分)

作り方

  1. まず始めにゴーヤーを縦半分に切り、中にある種とワタをスプーンで取ります。種とワタを取った後はうす切りにして小さじ1の塩をふり、軽くもみます。苦味が好きという方は5mm~1cmの厚さで切るといいでしょう。その後はザルに入れて水でさっと洗い、水分をしっかりと落としてください。
  2. 三枚肉を水洗いした後、食べやすい大きさに切り分けます。三枚肉の代わりにポークランチョンミートを使ってもかまいません。
  3. 鍋に油をひいて強火で熱し、豆腐を大きめにちぎって色がつくまで炒めます。豆腐に色がついたら取り出してください。
  4. 豆腐を取り出したら鍋に油を足して、ゴーヤーと三枚肉を炒めます。炒めている最中に塩を加えて、先に炒めておいた豆腐をもう一度入れて炒め合わせましょう。
  5. 炒め合わせている鍋に溶き卵を流しいれて全体的に卵を絡めるように混ぜ合わせ、味を仕上げれば完成です。
化粧品・コスメ
美容商品紹介
食事で体の中からきれいに
沖縄のスキンケア情報
運営者情報