沖縄美容委員会とは?

沖縄美人をつくるヒミツは沖縄の天然素材にアリ!

TOP » 食事で体の中からきれいに » 沖縄料理のレシピ集

沖縄料理のレシピ集

食材の力や独特の味わいを活かした沖縄料理は、おいしさだけでなく美肌効果やアンチエイジング効果などもたっぷり。ここでは沖縄料理のレシピを掲載しているので、「自宅でも沖縄料理を作りたい!」という方は是非見てみてくださいね。

沖縄料理の特徴

沖縄料理は炒め物や濃い味付けの料理が多く、弁当や定食には必ずといっていいほど揚げ物や炒め物が入っているのが特徴です。沖縄は年中の平均気温が高いことから食材の冷凍・冷蔵保存が難しく、食材を早く使い切ることを重視した料理文化が発達しました。食用油と調味料の消費量は全国一である一方、塩分と砂糖の摂取量は全国平均の7割ほど。このことから沖縄料理は余計な糖分や塩分がカットされた栄養バランスがしっかりとしている料理だといえます。

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルーとは、苦みが特徴のゴーヤーを輪切りにし、豆腐やポークなどの食材と混ぜて強火で炒めた料理のことです。肉汁やソーキを入れるとゴーヤーの苦みが程よくマッチングするので、苦みに抵抗がある方でもおいしくいただけますよ。

ゴーヤーチャンプルーの作り方を見てみる

ソーキそば

ソーキそばは、沖縄のソウルフードと言っても過言ではない料理です。ソーキとは豚肉のスペアリブのことで、とても柔らかいのが特徴。美肌作りに欠かせない成分「コラーゲン」が沢山含まれているので、美肌効果を狙いたい女性にはぜひ食べてみてほしい料理です。

ソーキそばの作り方を見てみる

ジーマーミ豆腐

ジーマーミ豆腐の「ジーマーミ」とは、方言でピーナッツのことです。もちもちと柔らかい食感が特徴で、「一度食べたらその独特の食感や味わいが忘れられない」という方も。抗酸化作用に優れたビタミン類やオレイン酸を多く含んでいるので、美容効果が高いのが特徴です。

ジーマーミ豆腐の作り方を見てみる

ラフテー

ラフテーは沖縄のブランド豚「アグー」を使った角煮料理のことです。味付けに泡盛を用いることで生まれる独特のまろやかな風味が特徴。美肌成分「コラーゲン」を多く含んでいるので、内側から美肌になりたい方はチェックしてみてください。

ウッチンごはん

ウッチンとは沖縄の方言で「ウコン」のことです。ウコンはアンチエイジング成分「クルクミン」を多く含み、老化防止や肌のくすみ改善に効果があります。お米に混ぜて炊くだけのウッチンごはんで、クルクミンの美容効果を手軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ナントゥーンス

ナントゥーンスとは、餅に油味噌とピーナッツバターを練り込んだお菓子のことです。沖縄では旧正月に食べられ、月桃の葉に包まれているのが特徴。月桃の香りとピーナッツ・ゴマ・香辛料などの味付けがアクセントになり、スパイシーな味わいになっています。

パパイヤイリチー

パパイヤイリチーとは、沖縄の果物「パパイヤ」の炒め物のことです。パパイヤには抗酸化作用のあるビタミンCやカロテノイドが多く含まれているので、食べることによって体のさびつきや肌ダメージを軽減するアンチエイジング効果が期待できます。美肌の大敵・紫外線対策に欠かせない料理でしょう。

化粧品・コスメ
美容商品紹介
食事で体の中からきれいに
沖縄のスキンケア情報
運営者情報