沖縄美容委員会とは?

沖縄美人をつくるヒミツは沖縄の天然素材にアリ!

TOP » 食事で体の中からきれいに » 食べ物 » ゴーヤー

ゴーヤー

沖縄のソウルフード・ゴーヤーチャンプルーでお馴染みのゴーヤー。独特の苦味が特徴的ですが、夏に嬉しい美容効果を豊富に持ち合わせている食べ物です。詳しい特徴やおすすめの調理方法をまとめました。

ゴーヤーとは

ゴーヤーは熱帯アジア原産のウリ科植物。大きく分けるとカボチャやキュウリ、スイカの仲間です。ぼこぼことした見た目が印象的で、食べると独特の苦味があるのが特徴。沖縄の代表格として知られています。

ビタミンCが豊富に含まれており、「夏バテ解消」「胃腸の活性化」「美肌サポート」など、嬉しい効果がたくさん。とくに夏に重宝され、夏野菜の王様とも言われています。独特な苦味が嫌い、という人も多いかもしれませんが、あの苦味の中にゴーヤーならではのパワーが秘められているのです。

ゴーヤーの美容効果

美肌効果

ゴーヤーは美肌に欠かせないビタミンCが豊富。その量はレモンの2~4倍で、同じ夏野菜であるキュウリやトマトの5倍以上の量です。ビタミンCにはコラーゲンの生成を増やす働きがあり、肌の弾力やハリを保つのに効果的。シミのもとであるメラニンの生成を抑えてくれるため、紫外線対策にも効果的です。

老化予防

ゴーヤーに含まれているカルシウムが骨や歯の生成を促し、身体の老化を防いでくれます。牛乳や魚のイメージが強いカルシウムですが、ゴーヤーに含まれるカルシム量は牛乳の14倍!頭蓋骨の老化によって引き起こされる筋肉の伸びや、目の周りのくぼみ、クマやしわを予防することにもなります。

ダイエット効果

共役リノール酸という成分がダイエットに効果的。共役リノール酸は体内で体脂肪燃焼効果のある脂肪酸へと変化さうる特性を持ちます。筋肉を増加させる働きもあるので、痩せやすい体へと変身。特別運動をしなくても、基礎代謝だけで余分な脂肪を減らせるようになります。

他にもある!ゴーヤーの健康効果

セロリの30倍もの食物繊維を持つゴーヤー。腸内を掃除して、便や毒素がたまるのを防ぎます。それにより、腹痛・腰痛・肩こり・頭痛・吐き気など、あらゆる不調を予防。カルシウムやマグネシウム、ビタミンAといった免疫力向上に効果的な成分も豊富に含んでいます。古くから夏バテ予防に重宝されてきただけあり、体の不調を整える効果を持っている野菜です。

おすすめの摂取方法

ゴーヤーチャンプル―として食べるのがおすすめです。沖縄のソウルフードですね。昔から家庭の味として親しまれてきました。一般的なビタミンCは熱に弱い性質を持ちますが、ゴーヤーに含まれるものは唯一「加熱しても壊れない」という特性を持ちます。分厚い皮がビタミンCが外へ溶け出すのを防いでいるとか。そのため、炒め物や揚げ物、天ぷらなど、日々の食事から手軽に摂取することができます。

化粧品・コスメ
美容商品紹介
食事で体の中からきれいに
沖縄のスキンケア情報
運営者情報